Acoustic Simulatorって実は凄く便利ですね。

今更ですが。

今まで僕は全く興味なかったですけどね。

 

僕の持っているギターにはピエゾギターもあれば、アコギもあるわけです。

これ両方必要ないかなって思ったり。

だって普通のソリッドギターにAcoustic Simulatorをかませたらこんなにアコギの音が出るんですよ。

これだけのアコギの音が出れば正直十分ですよね。

 

 

一気に2本とも処分してしまえば、一気にトランクルームにスペースが出来ます。

 

でもピエゾギターの方はピエゾ使わないでも、普通にメチャクチャいい音出すんですよ。

ピックアップはダンカンに変更してるし。

これは僕の師匠と全く同じ仕様にしているんですけどね。

なので思い出の一本だし…

とかも思ってしまいます。

 

 

じゃあアコギだけでも…
 

スポンサーリンク

 

でも娘にアコギさせたい気持ちもあるし…

え?

じゃあ、結局どうするんだよってね。

ギターを断捨離したい気持ちは本当にあるんですよ。

 

そこは間違いないのですが…

 

なかなかね…

長年連れ添った相棒なわけで…

 

それを手放すというのは腕を一本もぎ取られる感覚なわけです。

 

あ、でも今思い出したけど、師匠が今の僕の年齢くらいの時にも、自宅スタジオの機材やら楽器やらCDを超大量に処分してたのを思い出しました。

その時、機材沢山頂きましたけどね。

もしかして今の僕はそういう年頃なのか…

 

これでもギブソンのお気に入りのレスポールは手放すつもりなんですよ。

それはもう決まってます。

 

僕が持っているギターで一番高いですけど、一番使わないので手放すことにしました。

18年ほど前に買ったレスポールですけど、ほぼ弾いて無いので新品同様な状態です。

金属部分はちょっとだけ、くすんでますけどね。

 

ちょっと話がそれましたが、最近主流のミニペダルでもアコースティックシミュレーターがありました。
 
Mooer Audio Acoustikar


 
きっと探せば、他にも沢山のメーカーからアコースティックシミュレーターが出てますよね。

今日はアコースティックシミュレーターというよりも

僕がギターを断捨離が出来ない、優柔不断な情けない男だというブログですね。