今月21日にクイーンが武道館で来日公演を行いましたね。
 
 
勿論ボーカルはフレディじゃないです。
 
 
今回はアダム・ランバートです。
 
 
フレディ生誕70年という事ですがブライアンメイも69歳です。
 
 
みんなもういい歳になってしまいましたね。
それでも来日公演できるって凄いですよね。
 
 
さて、色々動画見てたら、なんか久しぶりに感動したので。
 
 
僕も大好きなQueenの「Bohemian Rhapsody」をギターで全部演奏してます。
 
 
僕はてっきりメタル風に弾くのかと思いました。
 
 
だってこの人の風貌とこのギターですよ!!
 
 
誰だってメタルちっくだと思いますよ…
まさか、こんな演奏するとは思わないじゃないですか。
 

スポンサーリンク

 
どんな演奏って?
 
 
早速聞いてみてください。
 

 

思いっきりメタルやりそうなルックスで、思いっきりメタルっぽいギターなのに!!
 
 
そのギャップでやられて、感動度もアップしたのかもです。
 
 
こんなプレイは僕には絶対出来ません。
 
 
ギター中級者以上の人だったら、もしかしたら
 
 
「こんなの練習すれば出来るべ!」
 
 
と思うかもしれませんが、
ここまで綺麗に音を出すのってなかなか難しいんですよね。
 
 
すぐ「ケキョッ」ってなりますから。
 
 
これ伝わるかな。
 
 
コードの変更が結構早いですね。
 
 
そういえば、僕がまだ師匠について居た時に言われた言葉を思い出しました。
 
コードが沢山出てくる曲を練習する時は、コードを覚えたり練習するのは勿論大切だけど
 
 
「コードが変わる瞬間の、そのつなぎ目を練習すること。」
 
 
当たり前っちゃ当たり前ですけどね。
 
ギター初心者の人はきっと、まだ意識できない部分だったりしますよね。
 
 
この人のギター指板は赤?茶色?珍しいカラーしてますね。
 
光の具合でそう見えるだけなのかな。。