僕はDOKKENが大好きなんです。
 
 
ギターも勿論カッコイイですけど、なんと言ってもハーモニーが美しいですよね。
 
 
メロディーもキャッチーだし。
 
 
30代以上の人しかきっと知らないですよね。
 
 
「Tooth and Nail」
 
 
「Dream Warriors」
 
 
「Alone Again」
 
 
「Breaking the Chains」
 
 
他にも名曲が沢山あります。
 
 
「Alone Again」なんかはケリーサイモンさんがカバーしてると言えば分かりやすいのかもしれません。
 
 
きっと今の若いメタラーの人たちは知らないバンドだと思います。
 
 
ジョージリンチはヤングギターにも何度かDVDに出てましたし、名前だけはもしかしたら聞いたことはあるかもしれませんけど。
 
 
今のギタリストはジョン・レヴィンだけど。
 

スポンサーリンク

 
ジョージリンチは今でもいいんですよ、ルックスもプレイも。
 
 
ボーカルのドン・ドッケンです。
 
 
まずこのルックスで衝撃を受けました。
 
 
ちょっと、マイケル・ロメオ化しているじゃないですか…
 

 
しかもこの声…
 
 
もはやロックを感じないし、力強さはどこにもなくなってしまいました…
 
 
おじいちゃん…
 
 
昔はアコースティックバージョンでも、確かにロックしてたんですよ。
 
 
高音が出なくなったからきっと唄い方を変えたのかもですね…
 
 
最近のライブでも殆ど高音は出なかったみたいだし…
 
 
仕方ないですよね、だってもう63歳ですよ…
 
 
でもちょっとショックです。。
 
 
つい先日もジョージリンチを含むオリジナルメンバーでライブをやったみたいですね。
 
 
現役を続けているのは凄く素敵ですけど…
 
 
正直「ん~~」って思ってしまいました。
 
 
楽器は直ぐメンテナンスしたり、交換出来ますけど、喉は交換、取替え出来ないですからね。
 
 
ずっと全盛期の声でいろというのは無理ですけど、ちょっとファンとしては微妙な気持ちになった話でした。
 
 
それにしてもドッケンはやっぱり曲がいいですね。
もし気になったら上で挙げた曲をYOUTUBEで視聴してみてください。
 
 
最後に。
 
 
スティーブンタイラーがいかに凄いかわかりますね。
 
 
あれは化け物ですね。