ジェイソンベッカーは今の若い人はほとんど知らないギタリストだと思います。
 
jasonbecker
 
僕も正直そこまで楽曲は知りませんが、CDは過去に数枚持っていました。
 
 
どういう人なのか、ざっと書いておきます。
  

若い時には、マーティ・フリードマンとカコフォニーというバンドをやってました。
 
 
世界各地でギタークリニックをやったりと、いわゆる速弾きギタリストの一人として有名です。
 
 
そして今はALSという筋肉が段々動かなくなる病気と闘っているギタリストです。
 
 
もう27年以上です。
 
 
体の自由はほぼありません。
 
 
今は、ほぼ目しか動きません。
 
 
じゃあギター弾けないじゃないかという事になりますが。
 
 
はい。
 
 
彼はもう弾けません。
 

スポンサーリンク

 
じゃあ誰がアルバム製作をするのかと言うと彼の友人や、製作仲間です。
 
 
ジェイソンベッカー自身は、目しか動かないので目を動かして文字を指してコミュニケーションを取ります。
 
 
果てしない作業ですよね…
 
 
そして、今でも彼のシグネチャーモデルのギターやピックアップが製作されたりと人気は衰えていません。
 
 
さらには、「不死身の天才ギタリスト」として映画も製作されています。
 
 
そのジェイソンベッカーが世界最大のクラウドファンディングの「Indiegogo」で制作費を募っています。
 
 
ちょっとリンクは出来ないので、気になった人は「Indiegogo」で検索してみてください。
 
 
75,000ドルが目標のようです。
 
 
今のドル円のレートで言うと770万円ちょっとですね。
 
 
現時点では半分ほどの金額が集まっているみたいです。
 
 
出資金額は15ドルから9,000ドルまであり、出資金額で貰えるものが色々です。
 
 
ポスターだったり、CDだったり音源のダウンロードだったり、アルバムに名前がクレジットされたり、あとはCarvinのシグネチャーモデルのギターだったり。
 
 
もしジェイソンベッカーのファンの人は是非チェックしてみてください。