昨日めちゃくちゃ興味深くて面白い番組をやってみました。
 

  • サザンのギタリストの斎藤誠さん
  • RIZEやDragon Ashやその他から超引張りだこのKenKenさん
  • B’zの稲葉さんのソロやドリカムのドラムもやってるFUZZY CONTROLのSATOKOさん
  •  
    この三人が出ていました。
     
     
    ちなみに、KenKenさんは元FUZZY CONTROLのメンバーです。
    更に、SATOKOさんは「手数王」の菅沼孝三さんの娘さんです。
     
     
    KenKenさんは一時期CMにも出てましたよね。
    その時に一気に知名度を上げましたね。
     
     
    SATOKOさんはFUZZY CONTROLの時に初めて知って、凄くウマイ女性ドラマーだなと思っていました。
     
     
    でもそれもそうですよね。
    だって「手数王」の娘さんなんですから。
     
     
    先日稲葉さんのソロツアーでも叩いている映像を観て、やっぱりこの人めちゃくちゃウマイな~とちょうど思っていたところです。
     
     
    昨日の番組は、僕の中ではまさにタイムリーな感じでした。
     
     
    ここまでは、昨日出演していた3人の情報です。
     
     
    僕も昔、プロになりたかったので3人の話が全部が全部凄く興味深い話でした。
     
     
    一番ビックリしたのがKenKenさんの話で、
     

    スポンサーリンク

     
    ちょっと正確に覚えてないですが
     
     
    夏フェスが一番大変な時期で、一日で4つのバンドで出ることもあるらしいです。
     
     
    夏の時期のフェスが沢山ある時で150曲もを覚えなければならないって…
     
     
    驚異的ですね…
     
     
    しかも楽譜読めないから全部耳コピという…
     
     
    ウマイのは当たり前で、記憶力もかなり重要という事ですね。
     
     
    というか、そんなに仕事の依頼が来るというのが凄いですよね。
     
     
    さすが売れっ子ですね。
     
     
    あとは、やっぱり売れっ子ミュージシャンは
     
     
    「求められていることが的確に理解できていて、それを提供出来るテクニックと対応能力がある」
     
     
    という事ですね。
     
     
    当たり前と言えば当たり前ですが、若い人でテクニックがある人はいくらでも居ますが「対応能力を兼ね備えている人」はそんなに居ないと思います。
     
     
    斎藤誠さんも、桑田さんに「コレ以外で、○○風に何かやってみて~」とか言われるみたいで、いつも対応出来るように考えているという話でした。
     
     
    プロの現場では良くある話ですが、すぐに対応出来る人ってやっぱり凄いですよね。
     
     
    それだけ色々な音楽をそもそも知ってないと出来ないですし。
     
     
    聴いてる音楽が偏ってると絶対出来ないですよね…
     
     
    ミュージシャンにも色々ありますが
     
     
    職人系ミュージシャンとバンドマン系ミュージシャンではやっぱり確実に違いますね。
     
     
    3人ともバンドもやってますが、いわゆるバンドマンとはまた違う感じです。
     
     
    さいごに、
     
     
    KenKenさんは、自分が聞きたい音楽を聴く暇がないらしいです…
     
     
    「音楽を聴く」としたら仕事で演奏する曲を聴いてるという事です。
     
     
    こうなってくると僕の場合は、きっと音楽を楽しめません…
     
     
    よく言う「音を楽しむ」ではなく「音が苦」(オンガク)になってしまいそうな気がします。