今日はVALETONというメーカーです。
 
 
中国のメーカーです。
 
 
最近は機材に関しては中国は本当にクオリティが高いですよね。
 
 
食品関係はちょっと恐いですけど。
 
 
それは置いといて
 
 
以前に記事に書いた「Dapper」と同じメーカーです。


 
 
今日はこのVALETONの「GP-1 MULTI EFFECTS PROCESSOR」です。
 
 
マルチエフェクターという事ですね。
 
 
ギリギリで手のひらにおさまりそうなサイズです。
 
 
gp-1
 
 
これが結構音が良くてビビりました。
 
 
最近は、マルチエフェクターってもう普通にデフォでアンプシミュレーターは入っているものなんですね。
 
 
あと、ドラムマシーンも。
 
 
では、早速音をば。
 

 
 
いいですね。
 
 
音がめちゃくちゃ良いですよね。
 
 
アンプシミュレーターは、とりあえずスタンダードなモデルはほとんど入ってそうですね。
 
 
ハイゲイン系のシミュレートも音がいいし。
 

スポンサーリンク

 
他のエフェクターもディレイやリバーブも入っていますしこれだけあれば十分ですね。
 
 
あまり参考にならないですが一応、VALETON公式のプロモーションの動画も。
 

 
ペダルのサイズ感だけわかってもらえたら。
 
 
気になる価格は、ちょっと調べたら99ドルでした。
 
 
今のレートで言うと11,800円くらいです。
 
 
最近は円安なのでちょっと高い感じもしますが、普通に考えると安いです。
この価格でこの音なら十分すぎるほどじゃないでしょうか。
 
 
日本には勿論、現時点では入ってきていません。
 
 
ZOOMやBOSSのマルチエフェクターと比較するのもまた違うかもしれませんが価格面では圧倒的に安いです。
 


 
 
最近アジア系のペダルの勢いが止まらないですね。