春畑さんのソロライブに行った時はヒュースアンドケトナー使っていました。
 


 
 
春畑さんの本を買って、背表紙かどこかにもヒュースアンドケトナーの広告が載っていて初めて知ったのですが、最新のヘッドが50万もするんですね
 
 
triamp-mk3
 
 
僕の中では、ヒュースアンドケトナーと言えば30万ちょっとのイメージだったので驚きです。
 
 
高いっっ!!
 
 
50万と言えば僕の中ではボグナーのイメージです。
 
 
このヒュースアンドケトナーにも色々なヘッドの種類がありますが最新のTRIAMP MARK3が50万です。
 
 
以前のモデルで安い種類だったら20万円台でもあります。
 
 
何が違うのかは詳細を見て無いのであまり分かりません。
 
 
とりあえずチャンネルが多いという事です。
あとは色々な種類のチューブが搭載されていて、その組み合わせによってかなりの音作りが出来るようです。
 
 
組み合わせによって42種類のアンプサウンドが1台のヘッドで出せるという事です。
 
 
ざっくりこんな感じです。
 
 
それは、高いわな~という感じですよね。
 
 
だって普通は、こんなに音の種類使わないですよね。
 

スポンサーリンク

 
色々試してみて、結局使うのは固定された音色になりますから。
これはあくまで僕の場合はですが
 
 
僕なんかはクリーンチャンネル、歪みチャンネルだけでいいです。
 
 
何なら、歪み1chでも行けます。
 
 
クリーンは、ボリューム絞って出します!!
 
 
レイニーのGH100Lを使っていた時はどうしていましたし。
 
 
スタジオミュージシャンがバックで演奏する時にはそんな事も出来ませんけどね。
 
 
とりあえずTRIAMP MARK3のサウンドを聞いてみましょうか。
 

 
 
いつものパネルは青く輝いています。
 
 
本当に色々な音が出せますね。
 
 
イイっちゃイイけど、欲しいかと言うと要らないですよね。
 
 
そりゃタダでくれるというなら勿論貰いますよ。
 
 
自分で買ってまで欲しいかと言うと「NO」です。
 
 
50万も出すなら、ハイエンドのアンプシミュレーターを買います。
 
 
もう一つサウンドをどうぞ。
 

 
 
うん、いいですね。
 
 
これで50万円か
 
 
これ、50万円の音になってますか?
 
 
そう言われると微妙ですよね。
 
 
半分の25万円でもこの音出せそうって僕なら思ってしまいます。
 
 
お金持ちアンプという事ですね。