僕のフェイスブックの広告に、とあるギターブランドの動画が掲載されていました。
 
 
それが「QUESTREL」です。
 
 
こんなブランドは初めて聞きました。
 
 
「QUESTREL」の第一弾のモデルがSWOODです。
 
 
まだまだ新しい国産ブランドという事ですね。
 

SWOOD は、 “音と表現の革新” という、2つの要素を革新するというコンセプトのもとに開発されました。

 
どういうギターかと言うとダウンチューニングに威力を発揮するギターです。
 
 
それにしても見た目から言うと、かなり攻めてますよね…
 
 
好き嫌いがハッキリ分かれそうです。
 
 
ギターって大体は、まずはルックスで欲しいか欲しくないか決まりますよね。
 
 
次に音?
 
 
あくまで僕の場合ですけど。
 

スポンサーリンク

 
だって、例えばめちゃくちゃ音が良くて「何この音!!こんなの初めて!!」となってもルックスがよくなければ欲しいとは思いません。
 
 
アンプとかペダルはまだ別ですよ。
 
 
アンプとかペダルなら多少はダサくても、「まあ…音がいいなら…」ってなりますけど。
だって人からはあまり見えないところに存在するので。
 
 
ギターは、もうそのまま人に見られるモノですからね。
 
 
なんかこんな事書くと、「QUESTREL」がダサいみたいになってますけど
 
 
ダサいとは言いませんが、かなり攻めてるなと
 
 
ちょっと動画を見てみますか。
 

 
 
どうですか?
 
 
なんだか最先端の技術は取り入れられているような気がしますね。
 
 
でも、コントロールノブ
 
 
なんでそこになったのか
 
 
謎です
 
 
扱いにくい気がしてなりません。
 
 
ん?
 
 
ボディのバックからも出来るから扱いやすいのか?
きっとそんな事はないですよね
 
 
インタビューっても言ってますが、確かに「挑戦心」がある人しか使わないかもしれないですね。
 
 
本当にその通りな気がします。
 
 
茶色の杢目のギターならまあ。。
 
 
値段は367,000円くらいです。
 
 
367,000円を出してこのギターを欲しい人が居るのかですね。。
 
 
もしかして、どこかのヘビー系の有名ギタリストが使って知名度を上げて、ブランディングしたら人気が出るかもしれないですね。
 
 
「QUESTREL」の戦略がかなり重要な気がします。