今の若いギターキッズはRACER Xは元々ツインギターだったのを知らないかもしれないですね。
 
 
というか、もはやRACER Xを知らない可能性すらありますよね
 
 
RACER Xの説明は不要だとは思いますが一応しておくと。
 
RACER XはポールギルバートがMR.BIG以前にやっていたツインギターのメタルバンドです。
そのギターのもう一人がBruce Bouilletというわけです。
 
 
読み方は日本では「ブルースブイエ」と読まれています。
 

スポンサーリンク

 
僕もツインギターの時のRACER Xをリアルタイムでは知りません。
映像だったり、CDだったりのみです。
 
 
そして僕が学生時にRACER Xが復活したわけですが、その時にはギタリストはポールギルバートだけのRACER Xでした。
 
 
元々ポールマニアだった僕は、RACER Xが復活してから余計にマニアになりましたけどね。
 
 
このRACER Xが復活した時が、丁度ポールがMR.BIGを脱退してリッチーコッツェンが加入したあたりです。
 
 
RACER Xの説明はこの辺にして、シーンに戻ってきたBruce Bouilletのプレイを。
戻ってきたと言っても、既に数年前ですけどね。
 

 
 
Bruce Bouilletが弾くRACER Xをこんなに聞けるなんて嬉しいですよね。
 
 
そして使ってるアンプは、初めはマーシャルかとおもいきや、フリードマン!!
 
 
うん…やっぱり今、時代はフリードマンなのか。。
 
 
だって、音めちゃくちゃいいですからね。
 
 
一昔は前は、マーシャル改造アンプではボグナーがこぞって使われましたよね。
それが今はフリードマンになったと言えるかもしれないですね。
 


 
 
ちょっと話がそれましたが、こんなにRACER Xの曲を堪能できるってちょっと嬉しくなります。
 
 
しかもポールじゃないですからね。
 
 
RACER Xのポールの動画は今まで散々見てきましたし、学生時にはよく追いかけてましたしコピーもしました。
 
 
RACER XのBruce Bouilletのプレイを見れるってちょっと新鮮です。
 
 
しかも上手いっていうのがまた感動。
 
 
音もかなりクリアでめちゃくちゃ丁寧に弾いているのが分かります。
アンプがいいのもあるのかもしれないですね。
 
 
さらに言うと、久しぶりに姿を見ても太ってないし、髪の毛もある(笑)
 
 
いわゆる「ロックスター」って久しぶりにシーンに戻ってくると「あれ?誰だっけ?」っていう人居ますよね。
 
 
Bruce Bouilletは今もカッコイイですね。
 
 
またツインギターのRACER Xが見てみたいですね。
もしかして、もうどこかでライブやってる?
 
 
ポールは今はMR.BIGも動いてるからきっと忙しいですよね。