今日も気持ちいディストーションです。
 
 
「Red King Distortion」というペダルです。
 
 
タイのSabbboy Handmade guitar pedalsと言うメーカーです。
 
 
動画では「SabbboyT」と発音していますね。
 
 
タイのメーカーは、僕のブログではもはやデフォルトレベルになってきました。
 

スポンサーリンク

 
さて、今日のメーカーSabbboyなんて名前は僕は見たことも聞いた事もありません。
 
 
多分
 
 
もしかしたら過去にSabbboyのペダルを紹介していなければですが。
 
 
そして今日のペダルも音は抜群に良いです。
 
 
早速サウンドを聞いてみましょうか。
 

 
 
いいですよね。
 
 
凄く気持ちいいディストーションペダルです。
このデザイン何かに似てると思ったら「HAO」の赤いペダルに似てます。
 
 
もう一つデモサウンドがあるのでどうぞ。
 

 
 
こっちはちょっとデザインが異なります。
同じ名前ですが中身が異なるのかは分かりません
 
 
音は僕はこっちの方が好きです。
それにしても凄く気持ちイイですね!
 
 
弾きたくなってきます。
 
 
ツマミからも分かりますがマーシャルのプレキシを意識したペダルのようです。
 
 
やっぱりタイのペダルはいいですよね。
ただ正確な価格は分かりません。
 
 
海外のショップで一応6,000バーツと言うのは見ました。
日本円で20,000円弱です。
 
 
タイのペダルで20,000円弱って結構高いですよね
このショップがたまたま高いだけのかどうかは分かりません。
 
 
一応Sabbboy Handmade guitar pedalsはフェイスブックアカウントがあるようなので連絡すると購入は可能だと思います。
 
 
本気で欲しいと思った人は是非トライですね。
 
 
それにしてもいいサウンド。
 
 
最近は色々なアンプメーカーがあって歪みの種類もかなり色々ありますが、結局最後はまわりにまわってマーシャルに戻ってくるのかもしれないですね。
 
最後はマーシャルに落ち着くギタリストって結構いますからね。