僕が今最も気になるFriedmanから新しいペダルが出ました。
 
 
「Motor City Drive」
 
 
ちょっと名前はよく分からない名前ですけど、とりあえず気になります。
 
 
だってあのFriedmanのペダルですよ。
 
 
気になって仕方ないと思いますので早速音を聞いてみますか。
 

 
 
いいですね、しっかり歪んでくれますね。
 
 
いわゆる「レコーディングした音」ではないので参考になる音です。
 
 
あとは細かいところは、もう自分で試奏するしかないですがそれにしてもいい音ですね。
 
 
前回のペダルのBE-ODとはまた何が違うのかも気になります。
 


 
 
真空管って言われたらそうですけど、きっとそこだけじゃないですよね。
 
 
サウンド面ではどっちがどうなんだろう
 
 
ちょっと妄想するとワクワクしてきます。
 
 
楽器屋さんで両方あったら是非試してみたいですよね。
 

スポンサーリンク

 
ちなみに気になる価格は46,000円くらいです。
 
 
結構いいお値段します。
 
 
正直簡単には手を出せない感じのペダルですね。
 
 
BE-ODが27,000円ほどなのでかなりの差があります。
 
 
音もそれだけの差があるという事でしょうか。
 
 
ちょっと期待できそうです。
 
 
ちなみに、Friedmanの関連のペダルと言えばこれまた気になるのがやっぱり「VeroCity」
 


 
 
これは、早く楽器屋さんで試してみたいのです。
というか「VeroCity」のペダルは全部試したいですよね。
 
 
大人になると楽器屋さんへ行く時間もなかなか無いっていう
 
 
神様、いい子にしてるので時間とお金をください。
いや、いいおじさんにしてるので時間とお金をください。