今日はまたまた楽器屋さんへ。
 
 
今日の目的は松本孝弘の機材を見にです。
 
 
1999年当時の機材だったかな。
ビーズのアルバムで言えばBrotherhoodですね。
 
 
そのころの機材を出来る限り再現したとか。
 
 
アンプはBOGNERです。
 

 
 
そしてケンタウルスとかFAT製の機材とか。
この頃はまだイーヴンタイドのラックですね。
 

昔はみんなこぞってこのイーヴンタイドのラックでしたからね。
めちゃくちゃ高いですけど。
 
 
そしてラックの引き出しのアップがこちら。
 

 
 
まあ、ファンなら見るだけでも興奮します。
 
 
そして足元のペダルがこちら。
 

 
 
そして隣にはFATのエフェクターコーナーが鎮座しておりました。
 

 
 
そしてそして、ラックの後方にはTAK松本モデルのギターが12本もズラリ!
これは圧巻です!
 

 
 
いつしか記事にもしましたが、実機を見るのは初めて。
 


 
 
これだけ一気に見れるって凄いですよね。
 
 
でも、これだけ売れ残ってるって事?
とかも思いつつ。
 
 
だって、高いですしね。
普通の人はまず買えませんよね。
 

 
 
12本全部エイジド加工のものだった気がします。
 
 
エイジド加工って、大きな傷は本当に同じ場所に同じように入っているのですね。
これも初めて知りました。
 
 
小さな傷のようなものはそれぞれ違いましたけど。
 
 
それにしても12本あるから余裕の1400万越え!!
 
 
凄い!
 

スポンサーリンク

 
本気で買う人なんかは、きっと12本全部試奏するんでしょうね。
 
 
個体差はやっぱりあると思いますし。
 
 
さて、肝心な音ですが
 
 
今回は試奏しませんでした!
 
 
だってこの写真を撮っているすぐ後ろで、爆音で二人も試奏してたんですよ。
 
 
そんな中で弾いても分かるわけないですからね。
 
 
その前にこのシステムを音出しするのは結構勇気いりますけどね。
 
 
店員さんに聞いたところ、試奏出来るという事でした。
 
 
ファンの方は是非。
それと「TAK MATSUMOTO」とか大々的なPOPなどは何もないので結構気づきにくいです。
 
 
むしろファンの人じゃないと気付かないかもですね。
 
 
あ、ちなみにこれらの写メの許可は貰いました。
 
 
いつか試奏したいな。。