今日もかなり良さげな機材ですよ。
 
 
「MicroBlock 45」
 
 
ペダルタイプのパワーアンプです。
 
 
でもね、中にはペダルタイプのギターアンプヘッドって書いてるところもあるみたいです。
 
 
どっちなんでしょうか。
 
 
まあ、どっちにしても音はかなりイイです。
 

スポンサーリンク

 
そして、文字通り45wということです。
普通は、45wもあれば十分すぎますよね。
 
 
自宅では勿論、小さなライブハウスでは行けるでは?
 
 
では、早速音を聞いてみましょうか。
 
 

 
 
僕は好きです。
 
 
いい音してる。
 
 
でも、これってこのペダルだけなのかな。
 
 
他に何か歪みペダルを繋いでそうな気もしますけどね。
このペダル単体じゃないですよね?
 
 
次の動画は、恐らく「MicroBlock 45」だけの音かな。
 
 
違ったらごめんなさい。
 

 
 
うん、こっちはやっぱり純粋な「MicroBlock 45」の音な気がします。
 
 
それにしてもいい音ですよね。
 
 
僕は、あまりクリーンは得意じゃないので、普段はあまり何とも思わないのですが、このクリーンは結構好きです。
 
 
どんどんペダルタイプのパワーアンプだったり、アンプだったりが出てきますね。
 
 
今一番注目株はやっぱりMOOERでしょうか。
 
 
Baby Bomb 30も出たばかりですしね。
 



 
 
でも、僕は今日のこの「MicroBlock 45」のほうが好きかも。
 
 
「MicroBlock 45」にVeroCityちゃんなんかを繋いだら、ヤバそうですね。
 
 
フリードマンの繋ぎたい。
 

 
 
もう今って、完全にペダルで完結できるような時代になってきましたね。
 
 
アンプヘッドは要らない時代に、さらにラックも要らない時代に。
 
 
なんでもコンパクトになっていきます。
 
 
最終形というか、最後はどこまで進化するんでしょうね。
 
 
ギターにアンプのシミュレーション的なものが内蔵されてしまったり?
 
 
ギター スピーカーとかなのかな。
 
 
ギターのボディー裏についたボタンを押したら、マーシャルとかフェンダーとかのアンプの音が出るようになったりね。
 
 
ちなみに、「MicroBlock 45」はアマゾンでは31,000円ちょっとで発見しました。
 
 
ただ、アメリカアマゾンでは149ドル、今日のレートで言うと17,000円くらいです。
ここに送料とか乗っかってくるでしょうけど。
 
 
やっぱり海外から直接自分で買う方が圧倒的に安いですね。