ご無沙汰しております。
 
 
ちょっと色々忙しくしておりまして。
 
 
なかなか更新できませんでした。
 
 
機材に関することは色々と調べたりしているんですけどね。
それにしてもどんどん新しいものが出てきます、本当に。
 
 
そんな中、衝撃的なニュースが入ってきました。
 
 
Carvinがなんと事業を停止するというのです。
 
 
そう、Carvinと言えば、スティーヴ・ヴァイのアンプLegacyで有名ですよね。
 
 
僕も実際にLegacyの音は一度だけ聞いたことあります。
 
 
日本で使っている人はなかなか少ないですから。
 

スポンサーリンク

 
僕が実機の音を聞いたのは、もう10年以上前なので完全に音は覚えてないですが
 
 
そんなCarvinが事業を停止するというのです。
 
 
僕は正直、スティーヴ・ヴァイくらいしか使っているギタリストを知りません。
 
 
そんなに沢山のギタリストが困るという事は無さそうかな
 
 
でもスティーヴ・ヴァイはどうするのでしょうね。
 
 
暫くはLegacyを使うとして、将来的にはどこのアンプを使うのかが凄く気になります。
 
 
ボグナーあたり?
 
 
それとも、比較的新しいメーカーのアンプかな。
 
 
意外にマーシャルだったりして。
 
 
それは無いか。
 
 
でもポールギルバートだってマーシャルになったし。
 
 
最近アンプメーカーもどんどん生まれているから今回の件も仕方ないですよね。
 
 
ちなみに元々Carvinのギター部門で、独立したKieselはそのまま存続するみたいです。
 
 
Kieselは最近また色々なギタリストが使い始めてますよね。
 
 
最近はVero CityのデモをされているKaz Horieさんも確かKieselのエンドーサーだった記憶が
 
 
という事で、
 
 
Carvinさようなら…
 
 
最後に、
 
 
まさか、Kemperで取り込んだLegacyを使ったりはしないですよね。
 
 
まあ、Legacyがもし壊れたって言ってもリペアなんていくらでも出来ますしね。