さて、今日もMyasnikov Customを行きますよ。
 
 
今日もプリアンプです。
 
 
ここのメーカーのプリアンプってなかなか好きです。
 
 
ロシアンパワー恐るべし。
 
 
多分ね。
 
 
多分ロシアってことで。
 

スポンサーリンク

 
 
さて、今日は「BRITISH」という名前のプリアンプです。
 
 
BRITISHと言えばもうマーシャルですよね。
 
 
それ以外にないし。
 
 
ということで、マーシャルのJCM-800をベンチマークしてプリアンプです。
 
 
では、音を聞いてみましょうか。
 

 
 
これいいですね。
 
 
弾いていて、気持ちよさそう。
リフを弾いたら何時間でも弾けそう。
 
 
結構好きかも。
 
 
思ったのですが、マーシャルのプリアンプの名機であるJMP-1ってこんな音出ますか?
 
 
僕は弾いたことないのでわかりませんけど。
 
 
ADAのMP-1クラシックなら所有してましたけどね。
 
 
ちなみに、この「BRITISH」は “Slash” modeとかいうのがあるみたいです。
トグルスイッチが見えますね。
 
 
何がどうなっているのか、情報がなくわかりません。
まあ、音がスラッシュっぽくなるという事でしょうけど。
 
 
スラッシュ好きの人には、この動画で何か「あっ!なった!」みたいになるのかな。
 
 
僕はスラッシュあまり知らないので、何も気づきませんでした。
 
 
そして、「British Superlead」というプリアンプもあります。
 

 
 
どうですか?
 
 
どっちが好きですか?
 
 
僕は、さっきの「BRITISH」のほうが好きかも。
 
 
動画の録音状況も関係してるのかもだけど。
 
 
しかもブーストモードにしてもあまり音が変わってないのかな。
 
 
イヤフォンやヘッドフォンで動画を聞くとわかりやすいのかな。
 
 
僕は今普通のスピーカーで流しながら記事を書いています。
 
 
このメーカーがペダルタイプにしてくれると、興味もマシマシになってきますね。
 
 
あー、二郎食べたい。
 
 
ニンニクマシマシで。
 
 
最後に価格ですが、
BRITISHが450ドル、British Superleadが550ドルです。
 
 
今日のレートで言うと、51,000円、63,000円くらいです。