今日もMyasnikovのプリアンプを行きます。
 
 
今日は、VH1\4です。
 
 
もう、これすぐにわかりますよね。
 
 
Diezelをベンチマークしたプリアンプです。
もうDiezelと言えば、今では有名すぎるほどのアンプメーカーです。
 
 
僕はDiezelの実機は弾いたことがありませんので、今回のプリアンプが実際にどこまで音が近いのかはわかりません。
 

スポンサーリンク

 
 
ちなみにDiezelもいくつか機種がありますよね。
今日のVH1\4はその中でもVH4をベンチマークしたプリアンプです。
 
 
まあ、名前の通りですが。
 
 
とりあえず聞いてみますか。
 

 
 
音はいいですね。
 
 
うん。
 
 
どうですか、Diezelに似てますか?
 
 
僕はちょっとよくわかりません。
 
 
今ってDiezelって使ってる人誰がいるのかもすぐに出てきません
 
 
一時期はみんなこぞって使ってましたけどね。
 
 
僕の周りでも実際にみんなDiezel使ってましたし。
あれってもう10年くらい前になるのかな。
 
 
やっぱりアンプも流行りすたりがあるのかな。
 
 
ハーバートとか当時50万くらいしたのかな。
 
 
多分。
 
 
今ちょっと調べてみると40万ほどで売ってますね。
 
 
この動画を見る限りでは、音はいいと思うけど、そこまで欲しいとは思わないかな。
どっちかというと普通の歪みに感じてしまいます。
 
 
きっと僕がDiezelを知らないからでしょうけどね。
 
 
Diezelユーザーのみなさん、もしくはDiezel好きの方、この音ってどんな感じですか?
 
 
ちなみに本家からもペダルが最近いくつか出てますよね。
 
 
店頭ではよく見かけますが、試奏はしたことありません。
見るたびに、気にはなってますがなかなか試奏までは行かず。
 
 
ちなみに今日のVH1\4は450ドルです。
今日のレートで言うと51,000円くらい。
 
 
まあ今日はこんなところで。
 
 
ちなみにMyasnikovのプリアンプシリーズはまだまだ続きますよ。
 
 
どうやら、プリアンプの総合商社タイプのメーカーのようです。
 
 
ではまた。