今日もMyasnikovです。
 
 
もう間もなく終わりますよ。
Myasnikovシリーズは、もう少しの我慢ですよ。
 
 
さて、今日は「TWEED」というプリアンプです。
 
 
名前からも想像つくと思いますがFenderのTwinをベンチマークしたプリアンプです。
 
 
僕はFenderのTwinは実機を弾いたことがありません。
 
 
でも友達が弾いているのは近くで良く聞いてました。
 
 
名機だけあって音はやっぱりいいですよね。
 

スポンサーリンク

 
ハイゲインアンプではありませんが、僕も好きなアンプです。
 
 
ただ、昔その友達の搬入を手伝ったのですがめちゃくちゃ重い!
 
 
もしかしたら種類がいくつかあるのかもしれませんが、僕が運んだTwinはとにかく重かった記憶があります。
 
 
こんなアンプ絶対所有したくない!
 
 
そう強く思った記憶があります。
 
 
さて、そんなFenderのTwinをベースにした「TWEED」の音をどうぞ。
 

 
 
ちょっと短いし、あまり面白くない動画ですがいかがですか。
 
 
音はいいですよね。
 
 
と、僕は思いますが
 
 
似てるかどうかあまりわかりません。
 
 
ここまでいくつかMyasnikovのプリアンプをいくつか紹介しましたが、どれもなかなかのクオリティですよね。
 
 
ロシアン技術はやっぱり凄いです。
 
 
ロシアメーカーのAMTも音がいいですしね。
 
 
Myasnikovはラックプリアンプの総合商社的な存在ですが、じゃあペダルプリアンプの総合商社と言えば国産でありますよね。
 
 
今、とんでもない勢いのVeroCity。
 
 
どっちがよさそうですか?
 
 
僕は持ち運びに便利なほうがいいので断然VeroCityかな。
 
 
価格帯もそんなに大きくはMyasnikovと変わらないですよね。
 
 
あとは、弾き比べての本人の好みでしょうね。
 
 
まあ試奏での弾き比べなんてほぼ無理ですよ。
 
 
だってMyasnikovのラックプリなんて楽器屋さんで見たことないし。
 
 
しかもVeroCityだって楽器屋さんに数あまりないですからね。
 
 
やっぱり今ってみんなペダルタイプがいいですよね。