今日は今の僕の知ってる機材でスタジオに入る場合に、どんな機材がいいかを考えてみた。
 
 
エフェクターだけね。
 
 
僕の重要条件。
 
まあ、みんな大体そうなんだろうけど。

  • 音がいい。
  • コンパクト。
  • 安価。
  •  
     
    この三点です。
     
     
    「音がいい」はそこそこ音が良いという事にしておきます。
     
     
    そりゃあ、究極な音を求めると大変な事になりますからね。
     
     
    サイズも金額も。
     
     
    だから「音がイイ」はそこそこのクオリティという事で。
     
     
    ただね、僕は最近というか、ここ数年スタジオに全く入っていません。
     
     
    というか、ほぼギターを触って無いです。
     
     
    だから最新のスタジオ事情はあまり分かっていません。
     

    スポンサーリンク

     
    やっぱりみんなアンプから音を出しますよね?
     
     
    ラインで出す人とか居ないですよね?
     
     
    まあいいや。
     
     
    スタジオアンプはJCかマーシャルを想定します。
     
     
    結果…
     
     
    これ!
     
     

     
     
    これ一つあれば大体OKです!
     
    実際にJCで試奏もしたので間違いないです。
    JCでもリターンに挿せば結構使える歪みになります。
     
     
    このマイクロアンプシリーズにはかなりの種類がありますが、僕が試奏した結果このエングルタイプが一番でした。
     


     
     
    JCにはリターンに挿しますが、マーシャルもあまり歪まないアンプはリターンで。
     
     
    マーシャルがそこそこ歪むならペダルは使わないだろうし。
    もしくはブースターみたいな使い方もできるのかな。
     
     
    ちなみに、これ重要ですがJCは後ろのスイッチは音が小さいほうに切り替えてからです。
     
     
    音がデカいほうにすると、ちょっと無理でした。
     
     
    歪み関連はつまりこのMOOERのMicro Preamp 009があれば完璧です。
     
     
    あくまで完全に僕の歪みの好みですけどね。
     
     
    贅沢を言えば、音に艶を出したいから、コーラスとラバーブやディレイも欲しいですけどね。
     
     
    空間系も最近はミニペダル出てますよね。
     
     
    ということで、「僕が今スタジオに行くならこのペダル」でした。
     
     
    ちなみに、今手元にはSinvertekの「No.5 Distortion」があります。
    これ、まだスタジオで使ったことありません。
     


     
    JCのリターンに挿すとどんな音にあるのかな。
     
     
    気になる。
     
     
    楽器屋さんにも最近はこのペダルあったから、ちょっとJCのリターンに挿して弾いてみようかな。