今日は僕の完全なる持論です。
 
 
エフェクターって色々あるじゃないですか。
 
 
あ、歪みペダルのエフェクターです。
 
 
結局はね、どんなに良い高級なペダルでも、その先の何に繋ぐかによって、音もかなり左右されるじゃないですか。
 
 
でも、逆に言うと、ショボいペダルでもキャビネットシミュレータがあればそこそこの良い音が出る気がします。
 
 
今のキャビネットシミュレータってかなり、性能だったり音質だったりがイイですし。
 

スポンサーリンク

 
じゃあ、何のどのキャビネットシミュレータを言ってるんだよってことになってきますよね。
 
 
僕はAMTの「Pangaea CP-100」が好きです。
 
 
もうずっと前から何度も記事にしてますけどね。
 
 
ちょっと、久しぶりに音を聞いてみますか。
 

 
 
やっぱり音がいいですよね。
 
 
ほぼマイク録りと同じ。
 
 
というか、むしろマイク録りよりPangaeaのほうが好きかも。
この録音を聞く限りでは。
 
 
IRのキャビネットシミュレータで現在一番知名度があるのは、やっぱ「Torpedo」です。
 
 
勿論僕もTwo Notes の「Torpedo」は好きですし、欲しい機材の一つです。
でも、ちょっと高いですからね。
 
 
そして、最近ではMOOERの「Radar」が知名度を上げてきています。
 


 
 
価格と手に入りやすいという意味では「Radar」でしょうか。
そろそろ日本にも入ってくると思います。
 
 
何が言いたいかというと、少々ショボい歪みペダルでもキャビネットシミュレータを通せば使えるよってことです。
 
 
例えゴミみたいなペダルでもね。
 
 
それは言い過ぎかな。
 
 
ギターアンプの関係もそうですよね。
 
 
ギターが結構ショボくてもいいアンプだったらそれなりに使えますよね。
 
 
チューニングの安定性などの最低限調整されたギターに限りますが。
 
 
それに近い感覚かなと思っています。
 
 
それだけキャビネットシミュレータは素晴らしい機材だと思っています。
 
 
MOOERの「Radar」は早く試したいな。