これなに!?
 
 
っていうものを見つけました。
 
 
もしかして結構前からあるのかな。
 
 
僕は、はじめて知ったけど。
 
 
どうやらこれ、モジュラー型プリアンプでプリアンプを入れ替えるみたいです。
 
 
こういうアンプってどこかのメーカーで昔ありましたよね。
 
 
ちょっとどこだったかは出てこないけど
 
 
それ系ってことかな。
 
 
ということで、早速音を聞いてみますか。
 

 
 
うん、まあ悪くはないけど、そこまで惹かれるってこともないかな。
 
 
試奏はしてみたいけど。
 
 
ちなみに、気になるプリアンプです。
 

  • ソルダーノ
  • プレキシ
  • JCM800
  • AC
  • フリードマン
  • ディーゼル
  •  
     
    あといくつか興味深い機種がありました。
     

    スポンサーリンク

     
    何がいいかって、リアルチューブを使っていて、
    特筆すべきは、各アンプメーカーが正式に参画しているというところです。
     
     
    つまり、フリードマンやソルダーノやディーゼルが本物だということです。
     
     
    だから思いっきり「名前」が使えるしプレートとしてあるということです。
     
     
    でも、このプリアンプ一つで日本での定価だと58,000円します。
    ぜいこみだと余裕の60,000円超え。
     
     
    これに、挿すところのパワーアンプ?を買うときっと15万くらいいくのではないかな。
     
     
    凄く面白いアンプだけど、今この価格帯でほしい人がいるのかというと少しだけ疑問かも。
     
     
    だってもっと低価格帯で、コンパクトで音がいい商品は沢山あるし。
     
     
    勿論、「このSynergy Ampsの音こそがホンモノだ!」
     
     
    「これしかない!」
     
     
    っていう人なら買うでしょうけどね。
     
     
    僕は到底ならないかな。
     
     
    機材コレクターとかならちょっと欲しいかもだけど。
     
     
    あとは、デスクにコンパクトに置いて使いたいという人も欲しいのかな。
     
     
    んー、でもでも、そんなこと書きながら思ったけど、
     
     
    このコンパクトさと価格で、シミュレートではない、「リアルフリードマン」が手に入るとなるとちょっと気にはなるかも。