Gittler Guitarという不思議なギターです。

 

 

g-guitar

 

 

 

g-guitar2

 

 

チタン製みたいですよ。

今になって特に珍しいという事はないですが僕は最近知りました。

NAMM 2013で既に発表はされていたみたいですね。

発表と言っても、正確には復活で、1970年代から80年代にかけて製作されていたらしいです。

アラン・ギトラー氏が作っていたみたいですが、今は亡くなって、息子がそのプロジェクトを引き継ぎ進めています。

もしかしたら当時は、あまりに攻めたギターだったので受け入れられなかったのかもしれないです。

現代の、「何でもコンパクト化」というニーズに合ったのかもしれません。

まさに「時代がGittler Guitarに追いついた!」感じですね!

1.36kgという軽さなので持ち運びもめちゃくちゃ楽ですね!

しかもチタンなので折れたり錆びたりという事も心配ないという。

 

スポンサーリンク

 

早速サウンドを聞いてみます。

 

 

なんかポジションマークのフレットが青く光ってます。

LEDライトはブレイクアウトボックスというもので別売りみたい。
 

 

何これー!

ほしーー!

究極のコンパクトなギターですね。

スタインバーガーより圧倒的にコンパクト!

しかも音がめちゃくちゃいいっていう…

魚の骨みたいなギターですね。

歪も音がいいし、全然ありですね。

NAMM 2016ではベースもでたみたいです。

 

 

 

 

 

 

どうやらフレットレスもあるみたいですね。

ちなみにローランド製品と完全な互換性があって外部接続すれば、シンセとしても使えるみたいですよ。

 
ん~~、日本では今購入出来ないっぽです。

「Gittler Guitar」のHPからはオーダーできる模様。