VOX ヴォックス エレキ・ギター用 ハイゲイン・ディストーション

Tone Garage V8 Distortion TG1-V8DSが結構評判いいです。

 
tg1-v8ds
 

しかも安い!
 

しかもチューブ!
 

しかもオールアナログ回路!
 
 

高級ハンドメイド・エフェクターでしかなしえなかったこの領域を凌駕するエフェクター、それがTone Garageシリーズである。
こだわりのアナログ・パーツ類、ストイックなまでに洗練されたディスクリート回路、新開発Hi-Volt技術等、VOX史上最高峰のエフェクターである。

 

スポンサーリンク

 
では早速、音をどうぞ。
 


 
ん~いいですね~

 

 

いいですよね、これ。
 
 

もういっちょ。
 

 
11:20あたりからV8 Distortionが始まります。
 
VOXと言えば、ジョーサトリアーニのシグネチャーとか出てますけど、あまり僕の中ではいい印象はそこまでありませんでした。

Tone Garage V8 Distortionはちょっと気になります。

しかも安いので手軽に試せますよね。

さっき調べたらアマゾンで8,000円でした。

この価格で真空管が搭載されているのは結構凄くないですか?

最近歪みものばかりの記事になってますね。

でも仕方ないです。

だってロックギタリストだったら気になりますよね。
 
 

学生の時なんか、歪みの事がいつでもどこでも気になっていた時期があって、外でバイクが走ってる時にバイクの音までが「これは○○系の歪みだな~」とか考えてましたから。
 

完全にアホですね。
 

昔は、それだけ今より歪みマニアだったのかも知れません。

でも当時は、使える歪みのペダルって本当に少なかったですよね。

色々試した上で、「やっぱりアンプでの真空管の歪みしか使えないじゃん。」っていう結論にたどり着いて。

でも、今って技術がかなり進歩して、アンプのチャンネルを「クリーン」か「クランチ」にしてディストーションペダルで歪みを作るという方法でも十分使えますよね。

あと5年後にはどうなってくるでしょうね。
 
最近の傾向として、どんどん機材はコンパクト化してますよね。

アンプもエフェクターもどんどん小さいものが出てますし。
 

これが落ち着くと次ぎはどうなるのか気になるところです。