Parallelcaster

こんな名前初めて聞きますよね。

僕も初めて聞きました。

ストラトとテレキャスのパクリ?

的な。

名前はさて置き、6本の弦をバラバラで一本ずつ出力して、一本ずつの音を6台のアンプを使って音出しするという非常に興味深いギターです。

これ意味伝わってますか?

 

スポンサーリンク

 

見た方が早いと思うので。

 

para1

 

これもう見たらすぐ分かりますよね。

つまりこういう事です。

 

 

ピックアップはこんな感じです。

 

para2

 

これって完全に一本ずつの音がバラバラにキレイにスピーカーから出るのでしょうか。

隣の弦の音って拾わないものなのでしょうか…

謎です。。

でも6本シールドがあるという事は弦一本ずつにエフェクター掛けれるという事ですね。

これ面白いですね。

なんか変態系ギタリストがいつか使いそうな飛び道具系ギターですね。

誰だろ…

スティーヴヴァイ?

バケットヘッド?

他にいます?

 

トーン、ボリュームのノブも6個あります。

 

para3

 

 

ジャックも勿論6個あります。

 

para4

 

6台のアンプを自分の周りに置いて一度弾いてみたいですよね。

クリーンもやってみたいし、歪もどんな音になるのか気になります。

さらに速弾きしたらどうなるのかもめっちゃ気になります。

 

妄想が膨らみます(笑)

 

スウィープしたらどうなるの?(笑)

 

右から左、左から右へ音が流れるようにきっと出るのでしょうね。

買うまでいかないけどめちゃくちゃ試奏したいです。

 

動画探したけど見つからなかったのが残念。

 

何かのイベントで出店したみたいですが、もう終わってるようです。

 

勿論、NAMM Showじゃないですよ(笑)

でも数年後にNAMM Showで出店してたりして。

 

ヤングギターなんかにも掲載したりされて。

 

もしかしてもうヤングギターに掲載されているのかも…

 

ここ数年定期購読してないのでそこらへんは不明です。

でも究極のサラウンドギターである事は間違いないですね。

ある意味一番熱いギターでした。

 

あ~弾いてみたい。