またまた、MOOERから新しいプロダクトがローンチされました。
 
 
マルチエフェクトの「BLACK TRUCK」です。
 
 
MOOERは本当に新しい商品の開発が早いですよね。
 
 
どんどん行きますよね。
 
 
兎に角、今最も勢いがあるメーカーの一つと言っても過言ではありません。
 
 
しかも、低価格帯で音も良い。
 

スポンサーリンク

 
実際に所有していないので、耐久性は分かりませんが。
 
 
今のギターキッズは本当に幸せですよね。
 
 
その分、本物のアンプに触れる機会は絶対に減っていると思いますが。
 
 
さて、前置きが長くなりましたが、「BLACK TRUCK」はいつしか発表された赤いやつに似てますよね。
 


 
 
気になる音ですが、まだサンプル動画が無いので簡単なスペックだけ紹介します。
 

  • コンプレッサー
  • オーバードライブ
  • ディストーション
  • EQ
  • モジュレーション
  • ディレイ/リバーヴ
  •  
     
    この6種類です。
     
     
    あとはチューナー。
     
     
    見てすぐ分かるようにEQが特徴的ですよね。
     
     
    メサブギーのマークなんちゃらとかを彷彿とさせます。
     
     
    グラフィックEQがあると、ゲインが多少低くても音作りしやすいですし、更に言うとゲインを抑えて音作りをする事も出来ます。
     
     
    ゲイン上げすぎると潰れてしまう場合もありますし。
     
     
    僕はここに、いつかMOOERのマイクロプリアンプシリーズが組み込まれてくることを期待します。
    と思っていたら、先日「Preamp Live」も出ましたしね。


     
     
    いつかこのエフェクト群と「Preamp Live」が組み合わさったような総合的なハードウェアが出ることでしょう。
     
     
    そして、今後はどんどんMOOERの台頭でハードのアンプシミュレターの勢力図が変わってくると思います。
     
     
    今のところは、このBLACK TRUCKはアンプシミュレターでは無く、完全にエフェクターという扱いのようです。
     
     
    そして価格はまだ全く分かりません。
     
     
    赤の「Red Truck」が約3万なので、BLACK TRUCKは3.6万くらいかな。
     
     
    ちなみにオールジャンルいけるけど、主にハードロックとヘヴィメタルのミュージシャン向けに設計されているらしいです。
     
     
    これって歪みに「自信あり」ってことか?
     
     
    余計に気になるじゃないか。
     
     
    ちなみに、僕はMOOERの回し者ではありませんよ。