フェンダーが最近ちょっとだけギブソン化してきました。
 
 
でもね、フェンダーはまだそこそこカッコイイ。
 
 
ギブソンの昨今のカラフルなレスポールや、変形ギターはダサすぎましたよね。
 
 
それは売れんわ!ってくらい。
 
 
ってことで、今回の機種はフェンダーいわく「ハイブリッド」ギターらしいです。
 

スポンサーリンク

 
カッコいいような、でもよく考えたらダサいような。
 
 
まずは、冒頭の写真のストラトテレ。
 
 
正式名称は「2018 LIMITED EDITION STRAT-TELE HYBRID」
 
 
もう形からも名前からも分かるように、ストラトとテレキャスターが合わさった形です。
 
 
好きな人は好きなのかもしれません、僕は一瞬いいなと思ったけど、よく見るとちょっと恥ずかしいような感じもしてきました。
 
 
完全に僕の意見ね。
 
 
そして、実は「テレポール」というのも存在します。
 
 
もう分かりますよね。
 
 
テレキャスターとレスポールが合わさったギターです。
 
 
それがこちら。
 

 
 
正式名称は「2018 LIMITED EDITION TROUBLEMAKER TELE」
 
 
僕はこっちの方が好きかも。
 
 
でも、よく見たらボディの形自体はストラトテレとほぼ同じっぽいですね。
 
 
勿論ブリッジとかは、それぞれ、ストラトとレスポールだけど。
 
 
あとは、このテレポールのローズウッドとラージヘッドはやっぱりカッコいい。
 
 
あとは、音がどんな感じなのかもちょっと気になりますね。
 
 
やっぱり、それぞれのストラトとレスポールっぽい音はするのでしょうか。
 
 
ちなみに価格は両方とも¥ 238,500 (税抜)です。
 
 
昔は典型的なメタルギターが好きだったけど、おじさんになると結構メタルギターが恥ずかしかったりするので、こういうちょっと落ち着いた?ギターなんか持つと素敵なのかも。
 
 
ああ、このテレポールでブルース弾いたらカッコ良さそう。