若井望
 
今更な感じもしますが「Nozomu Wakai’s DESTINIA」がヤバイです。
 
 
語彙力なさ過ぎですみません。
 
 
でも本当にヤバイです。
 

  • 楽曲よし
  • ギターよし
  • ボーカルも最高
  • 若井望がイケメン
  •  

    スポンサーリンク

     
    え?
     
     
    完璧なバンドですか?
     
     
    まあ、そんな感じです。
     
     
    ちなみに、ボーカルのロニーロメロはレインボーのボーカルです。
    リッチー・ブラックモアが気に入ったくらいですから、そりゃあ最高でしょうに。
     
     
    という事で、そんなスーパーバンド「Nozomu Wakai’s DESTINIA」の曲をどうぞ。
     

     
     
    めちゃくちゃカッコイイですよね。
     
     
    楽曲がいいのは、一番大きいです。
     
     
    若井望さんってちょっと調べてみたんですけど、年齢は分かりませんでした。
     
     
    でも、きっと1980年生まれとか、そんな感じだと思います。
    ロニーロメロ1981年生まれと同世代と言ってたし。
     
     
    実は、僕は若井望さんは結構前から知ってまして。
     
     
    昔、RUSHMOREというポップスのバンドのギタリストをやってた時代から。
     
     
    RUSHMOREは元Every Little Thingのキーボードの五十嵐充さんが、立ち上げたバンドとしても当時少しだけ話題になったような…
     
     
    その時は、このバンドにもう1人坂本光久さんというギタリストが居て、元々僕は坂本さんを追っていたらRUSHMOREというバンドに辿り着きまして。
     
     
    そんなこんなでRUSHMOREのWEBサイト見ていたら、やたらイケメンがいるわけですよ。
    それが若井望さんでした。
     
     
    当時は、坂本光久さんがギターを弾きまくって、若井望さんは完全にビジュアル担当だろうと勝手に思ってました。
     
     
    ごめんなさい。
     
     
    だって、イケメンすぎるから(笑)
     
     
    あれから数年経過して…、実はこんなにメタラーだったのですね。
     
     
    ちなみに、先ほど出てきた坂本光久さんはギターコンテスト『GIT MASTERS』の初代チャンピオンです。そう、だから坂本さんがメインで弾きまくるのかなと思っていました。
     
     
    ちなみに、坂本さんのインストアルバムも持ってますが、まあB’zとa2cさんからの影響が強く感じられます。
     
     
    悪いとかじゃないですよ、いいアルバムです。
     
     
    という事で、当時は坂本光久さんを追ってました。
     
     
    ちょっと、話がそれましたが、今回の「Nozomu Wakai’s DESTINIA」は世界照準という事らしいです。
     
     
    まあ、納得です。
     
     
    しかもドラムがトミー・アルドリッジで、ベースがマルコ・メンドーサですからね。
     
     
    ちょっとマニアックなところで言うと、ミックスがフレドリック・ノルドストロームです。
     
     
    アーチエネミーやインフレイムスのプロデュースでも有名ですよね。
     
     
    このまま、セカンドもいいアルバム作ったら本当に「世界」いけるんじゃないか。
     
     
    最後に、こんなんもあった。
     
     
    ロブロックじゃないか。
     

     
     
    ということで、今後もNozomu Wakai’s DESTINIAに期待!
     
     
    ちなみに、誤解がないように言っておきますが、僕はそっちの組合の人ではありませんが、イケメンは好きです。
     
     
    いや、だってギタリストたるもの、ルックスも大事ですよ!
     
     
    とりあえず、グローブ買って弾こ。